BEST FROM
OREGON 

adventure-autumn-conifer-830965.jpg

アメリカのものづくりを日本に紹介したい

オレゴン州からベストなクラフトビール、ハードサイダー、
その他のクラフトなメーカーを日本に紹介します。

 OREGON
CRAFT BEER

top_main_visual02.jpg

オレゴンクラフトビア

オレゴン州はアメリカのクラフトビールリーダーです。10万人に対してブルワリーが8.5軒ある計算で、ポートランド市だけで117軒もあります。ポートランドにおいてブルワリーのありかたはまるで近所のラーメン屋さんやパン屋さんかのように身近です。ブルワリー側は自分たちのコミュニティへ向け、常に最高のビールを造っています。

オレゴン州のクラフトビール文化は「ビールが好きな人」のためだけではなく、みんなの文化です。パブはもちろんのこと、スーパーやコンビニでさえもクラフトビールのセレクションには目を見張るものがあります。映画館や空港においても美味しいクラフトビールが飲めます。ローカルのワイナリー、コーヒーロースター、レストランなどとよく「手を組みます/コラボします」。

オレゴンの名物ビールを列挙するのは大変難しく、特定のスタイルが挙がるということよりもその種類の多さゆえの多様性が特色と言えます。オレゴンのブルワーさんはトレンドを追うわけではなく、トレンドをつくりだします。同じブルワリーでとてもホッピーなIPA、爽やかなラガー、バーボンバレルで熟成したスタウトなどを一緒に楽しむことができます。それに、ドイツ系ビール、サワービールなどの専門のブルワリーも各所に存在します。

ファーマーズはオレゴン屈指のブルワリーとパートナーを組み、日本まで新しくて、面白くて、美味いビールを輸入しています。オレゴンの心はいかがでしょうか?

OREGON
HARD CIDER

joanna-nix-384296-unsplash.jpg

オレゴンハードサイダー

ハードサイダーってなんですか? アメリカと日本で「サイダー」と言えば、皆様はソフトドリンクやジュースを連想するかと思います。ですが世界のその他の地域においてはアルコール飲料のことを指すのです。アメリカで用いられるハードサイダーの「ハード」はまさにソフトの反対で、アルコールドリンクを意味します。日本ではシードルとよく言いますね。ハードサイダーは世界で大人気で、イギリスや他のヨーロッパの国でも歴史は長いです。

オレゴンはクラフトビールへの情熱だけではなく、ハードサイダー愛も溢れています!ポートランドでは大半のビールパブなどがハードサイダーも提供しており、それにハードサイダー専門のパブが存在しているんです。オレゴン州では様々な品種のリンゴが育成されていて、ハードサイダーメーカーはローカルのアップルも積極的に使います。まるでクラフトビールを造るブルワリーのように、ハードサイダーメーカーはホップや特別な酵母、そしてオーク樽なども駆使して常に新しく楽しいものを生み出すことをやめません。

本当に素晴らしく造りあげられたハードサイダーをオレゴンからお届けします。クラフトビールに興味があれば、「りんごのお酒」と一括りに捉えず是非ハードサイダーも試してみてください!